翻訳依頼先の選び方について

わたしは企業のショールーム部門の運営に携わっていたことがあります。もちろん、言語対応も英語、中国語はありました。
そこで翻訳の依頼を行うのですが依頼先は慎重に選んんでいました。まず、数社で見積もりをとります。もちろん、毎回ではなく、定期的に行う程度でなれた依頼先にも緊張感を持ってもらうためです。
それよりも重要なことはクオリティです。特に中国語はネイティヴの、スタッフがいないので果たして適切な内容かどうかこちらでも計り兼ねます。
そこで、秘密保持契約を結び、専門用語や業界ならではのいいまわしは依頼先にもノウハウをためてもらうことにしています。こうすることで都度担当者間でやり取りが減るため、効率もあがります。
いかに安く、早く、クオリティを維持するか。これを全て満たしながら、翻訳の依頼をしていくことになるのですが新たな事業領域や日本独特の話が増えてくるとかなり翻訳に関しても難航することがふえてきます。

PR|貯蓄|女性向けエステ.com|初値予想|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の口コミ.COM|GetMoney|家計見直しクラブ|生命保険の選び方|童話|アフィリエイト相互リンク|住宅リフォーム総合情報|女性の人生|オーディオ|内職 アルバイト|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|